外観検査・画像検査装置 検査項目

外観検査・画像検査装置 検査項目 欠陥検査 キズ検査 汚れ検査 異物検査 方向判断 裏表検査 形状判断 個数計測 異物混入 文字認識 文字照合 OCR 寸法計測 アライメント(位置決め) 三次元処理
images (検査項目)外観検査 
- 異物検査①
      
(ワーク)カップ麺 (業界)食品業界
images (検査項目)外観検査 
- 異物検査②
      
(ワーク)樹脂成型取っ手  (業界)食品業界
images (検査項目)外観検査 
- 異物検査③
     
(ワーク)内装部品    (業界)自動車業界

事例1

検査項目 外観検査 - 異物検査 ワーク カップ麺 業界 食品業界
依頼内容

カップラーメンの中の麺にコゲが混ざることがあるが検出できないか相談があった。

実施・提案 内容
images
入力されたカメラ画像に対し水色の領域は、麺に入った異物購入検査用、赤い領域はカップ側面の異物検査用です。それぞれの領域に入ってきた異物を色で判別しその色の面積値を計測しあるしきい値以上の面積値をNGと判別します。

照明・レンズ一体型カラーカメラ : 30万画素
カメラワークディスタンス : 約180mm
視野 : 約150mm

画像処理 結果イメージ
麺異物混入検査 麺高さ低   麺異物混入検査 麺高さ高   側面異物混入検査 麺高さ低
images   images   images
欠陥度 365
  欠陥度 2286   欠陥度 59
麺高さ高  良品   コゲ小   麺コゲ
images   images   images
麺高さ低  良品   コゲ小   麺コゲ
images   images   images
結果

3mm以上のコゲは良品/不良品で欠陥値に大きく差ができ、この外観検査は検査可能です。
麺の隙間をなくすために、ピントをぼかして計測しています。
麺の高さは、オートフォーカス・アイリスを使用することで段取り替え時の操作も容易になります。

事例2

検査項目 外観検査 - 異物検査 ワーク 樹脂成型取っ手 業界 食品業界
依頼内容

樹脂成型品の取っ手にコゲが混入してしまうので検出できないか相談がありました。

実施・提案 内容
取っ手の上面外観検査

画像入力した後、フィルターを通して対象物を2値化した後、ラべリングを行い異物を見つけます。

images カメラ : 30万画素 カラー
レンズ : 8mm
カメラワークディスタンス : 約160mm
カメラ設置距離 : 約200mm
照明 : 透過照明+バー照明
透過照明設置距離 : 約10mm
バー照明間設置距離 : 約130mm
視野 : 約100mm
シャッタースピード : 1/1000
取っ手の内面外観検査

上面検査にプラスキズを検出するためのアルゴリズムをプラスして確実な検査をしています。

images カメラ : 30万画素 カラー
レンズ : 25mm
接写リング : 2mm
カメラワークディスタンス : 約160mm
カメラ設置距離 : 約200mm
照明 : バー照明
照明設置距離 : 約120mm
視野 : 約35mm
シャッタースピード : 1/2000
取っ手の側面外観検査

上面検査と同じ検査をします

images カメラ : 30万画素 カラー
レンズ : 8mm
カメラワークディスタンス : 約160mm
カメラ設置距離 : 約200mm
照明 : 透過照明+バー照明
透過照明設置距離 : 約10mm
バー照明間設置距離 : 約130mm
視野 : 約35mm
シャッタースピード : 1/2000
画像処理 結果イメージ
上面画像と各領域   入力画像   計測時間  31ms
images   images   images
    異物抽出画像①   異物抽出画像②
内面画像と各領域   入力画像   計測画像  34ms
images   images   images
    異物抽出画像(ラべリング)   異物抽出画像(欠陥検査)
側面画像と領域   入力画像   計測画像  34ms
images   images   images
    異物抽出画像①   画像抽出画像②
下面検査画像
images   images   images
欠陥度 344 372 400
  346 407  
 
欠陥度 97 142
  33 76
 
欠陥度 391 352
  395 400
結果

取っ手の異物検査テストの結果0.7mmの黒点シールを検査対象領域内での外観検査は検査可能でした。
但し、色の薄い異物については検証が必要となります。

事例3

検査項目 外観検査 - 異物検査 ワーク 内装部品 業界 自動車業界
依頼内容

内装部品のシートの色むらができる場合があり検出できるか相談がありました。

実施・提案 内容

ワークの表面状態の影響を少なくする照明を選定しました。
その上で、ワークの最も平坦だと思われる右下の一部を検査対象としています。そのために、検査箇所を囲うなど外乱の影響をうけない環境下で検査をすることが重要です。検査領域内の色の平均色差をみて色むらを判断しています。

カメラ : 30万画素カラー
照明 : LEDバー照明
照明設置角度 : 約35°
レンズ : 16mm
接写リング : 1mm
視野 :85mm
images
画像処理 結果イメージ
【OK品】   【グレーゾーン】   【NG品】
images   images   images
処理時間 : 49ms
平均色差 : 0.905
  処理時間 : 49ms
平均色差 : 4.914
  処理時間 : 49ms
処理時間 : 49ms
連続計測時の値   毎回置き直した時の値    計測データのばらつき(MAX)
images
  images   images
    計測値のばらつきは、
ワークの表面状態と照明の位置関係が変化することで起こっていると考えられ ます。
値はゼロに近づくほど良品を示します。
結果

テストの結果、シートの色ムラ外観検査は安定した検出が可能です。
検査条件としては、静止状態での検査、ワークと照明の位置関係の不変さ、外乱の影響を避けることです。